愛知県で建設業許可のことなら愛知県建設業許可サポートセンター!建設業許可申請の新規、更新、業種追加、事業年度終了届等の手続きの専門サイト。

HOME » 建設業許可取得サービス » 更新申請サービス

更新申請サービス

更新申請 当事務所の報酬(税抜) 許可手数料・登録免許税 合計(税抜)
愛知県知事許可申請 50,000円 50,000円 10,000円
大臣許可申請 80,000円 50,000円 130,000円

※上記の当事務所の報酬額には別途消費税が必要になります。

建設業許可は許可年月日から5年間で切れてしまいます。
引き続き許可を有効にしたい場合は、建設業許可の更新申請をしなければなりません。

許可の更新を行わないと、許可のあった日から5年間で、建設業許可の効力を失ってしまいます。

建設業許可の効力を失うということは、無許可で営業することになりますので、請負金額が500万円以上(建築一式工事業の場合は1,500万円)以上の工事をしてしまうと建設業法違反になってしまいます。

「うっかりして許可の更新を忘れてしまった」なんてことは決してない様に注意してください。
更新最終期限日を過ぎてしまうと新たに新規申請するほかなくなってしまいます。

更新の受付期間

知事許可の場合
5年間の有効期間が満了となる日の3か月前から30日前まで

大臣許可の場合
5年間の有効期間が満了となる日の6か月前から30日前まで

上記の通り、知事許可・大臣許可であっても建設業許可の更新は許可が切れる日の1か月前までに受付を終わらせていなければなりません。
許可業者様の中で特に忘れがちなのが、更新申請をするための第一条件として毎年の事業年度終了届(決算変更届)の提出が必要です。
また、役員や営業所所在地等の変更が生じた場合も更新申請前には変更届を提出してなければなりません。

建設業許可取得後も許可を維持していくためには、その都度提出書類(事業年度終了届、各種変更届)が必要になりますので建設業許可に詳しい行政書士がいますの書類提出忘れなど防ぐことが出来ますので安心できると思います。

お問い合わせはこちら

行政書士今枝正和事務所
代表 行政書士 今枝 正和
所在地 〒448-0022 愛知県刈谷市一色町1丁目2番地6
TEL:0566-45-5255
FAX:0566-45-5258
MAIL:info@aichikensetsukyoka.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~20時まで 日曜日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab